照明に使用するLEDのメリットを確認してみましょう!

LEDは照明の中でも寿命が長い

LEDの最大の強みと言えるのは、その寿命の長さでしょう。従来の証明として使用されてきたものだと、白熱電球の寿命は1000時間から2000時間、蛍光灯では長くて1万時間程度です。それに対してLEDは、4万時間以上使用できることも珍しくはありません。したがって単純に、新しく買い替えたり交換作業を行う手間が少なく済みます。基本的にはLEDは白熱電球や蛍光灯より単価が高めですが、その寿命の長さによって購入する回数が減ることで、最終的なコストを抑えられる可能性があります。

消費電力が少ないのも強み

LEDは電気エネルギーの大部分を、実際に目に見える光に変換することができます。白熱電球や蛍光灯ではそうはいかず、電気の一部を熱エネルギーとして消費してしまったり、目に見えない光に変換します。もちろんそういった部分にも使い道はありますが、照明としては不必要です。LED照明を使用するとその無駄な部分を省けるため、消費電力を抑えられます。電気料金で見てみると、同じサイズの白熱電球に対して、4分の1から5分の1程度になります。

様々な雰囲気の光を出せる

かつてLEDは出せる色の種類が限られていたため、照明に使用しても同じような雰囲気しか演出できないのが弱点でした。しかし現代ではすでに光の基本となる赤と緑、そして青が揃っているため、メーカーの工夫次第で色味を変えることができます。したがって温かみが必要な場所には赤が強めのタイプ、涼しい雰囲気にしたいところは青中心という風に、場所に合わせて使い分けられます。

ledパネルは明るくて視認性がいいことと、熱を持たないので安全であることがあります。さらに電気代が安くランニングコストが低いです。