どんなものなの?マーケティングオートメーションとメリット・デメリットについて

マーケティングオートメーションとは?

略して「MA」と呼ばれるマーケティングオートメーションは、企業がおこなうマーケティング活動を自動化するツールです。マーケティングとは顧客の求めるサービスや商品を作成して顧客に届けるまでの一連の活動をいいます。情報化社会が進みインターネットが普及するなかでユーザーの消費行動が変化し、マーケティングの手法も多様化してきました。従来の商談開拓手法だけでは対応できなくなり、自動化が進んでいるのです。マーケティングオートメーションでは顧客情報の収集や蓄積から始まり、見込み客の育成やマーケティング施策の分析まで自動でおこないます。

マーケティングオートメーションのメリットデメリット

マーケティングオートメーションを導入するメリットは、自社の商品やサービスに関心が高い客を抽出できることです。マーケティングオートメーションでは顧客が自社サイトでおこなう行動やコミュニケーションの内容にスコア設定をすることができます。一定のスコアに達すると通知してくれ、自社商品やサービスに関心が高い顧客を知ることができます。また、過去に見込み客だったものの、放置されている客に対してのフォローがしやすいこともメリットです。マーケティングオートメーションでは定期的にメールを配信するなどの設定が可能で、放置されてしまっている顧客に対して継続的に接点をもつことができます。

マーケティングオートメーションのデメリットは多彩な機能があるため、活用しきれないことがある点です。導入の際には十分に検討し、準備をしましょう。

マーケティングオートメーションとは、これまで人手で行っていたマーケティング業務を自動化することで、業務の効率的な実行、更なる収益の向上を図るツールのことです。