今更聞けない!ホームページの意味合いや作り方について

ホームページとWebサイト

ホームページとは、主に個人や企業が自身(自社)の自己紹介をするようなメディアの事を指します。一方で、Webサイトとは人や企業の情報を発信するようなものではなく、特定ジャンルの情報を不特定多数の人々に届けるようなメディアの事を指すことが多いです。個人が開設するホームページは、自分の趣味や特技を身近な人に向けて発信するような小規模なものが中心です。また、芸術家などはホームページを通じて自身の作品を発表するというような事を行っています。ちなみに、小規模なホームページで広告収入を稼ぐ事は困難ですが、大規模なWebサイトであれば本業にしていけるくらい多額の広告費を稼げるという違いもあります。

完成までの所要時間について

小規模なホームページを作るのであれば、作成にそんなにたくさんの時間は必要としません。例えば、月額100円程度で利用できるレンタルサーバーと契約してCMSをインストールすれば、10ページ前後で構成されたホームページを最短即日で作れます。ただし、初心者でコンピューターが苦手な人にとってサーバーインストール型のCMSを使いこなすのはやや困難です。ブログのように完璧にCMSを使いこなしたい場合は、サーバーインストール型ではなくクラウド型のCMSの利用をおすすめします。なお、クラウド型CMSについても契約して即日ホームページ作りに取りかかれるものが大半を占めます。ブログ同様に操作画面にログインし、上手な作り方をマスターすれば1週間以内で小規模なものが作れますし、1か月かければ100ページを超えるメディアも作成可能です。ロゴ作成機能付きのCMSであれば、別途グラフィックソフトを購入する必要はありません。

ホームページ制作を行うことは難しいように感じますが、無料のホームページ作成ツールを使えば簡単に仕上げることができます。